バストアップ2つの方法

バストアップ2つの方法のページを説明

新着記事一覧

バストアップ2つの方法

美しいバストラインを実現するのが豊胸術ですね。バストアップの手術の歴史はとても古く、世界で最初の手術が行われたのは100年以上も前のことです。そして、その後に、多くの改良・改善が繰り返されてきました。現在では、2種類の手術法が主流で人気があります。ひとつはシリコン製のバッグにジェルや生理食塩水を詰めたポロテーゼを胸に埋め込む「プロテーゼ法」は胸を大きくサイズアップすることが出来るため希望する患者さんもたくさんおり、扱うクリニックもとてもたくさんあります。あまり胸のふくらみがないような人でも、豊かな胸を手に入れることができるわけですから、その人気もうなずけるというものです。バストアップ手術の主流である、プロテーゼ法と脂肪中入法について、それぞれの手術法の相違についてもう少し詳しくお話ししたいと思います。まずはプロテーゼ法からです。バストアップ術に使われるプロテーゼは、「形」、「表面の形状」、「内容物」によって分類されます。まず形ですが、これにはラウンドタイプとアナトミカルタイプ、アシンメトリータイプの3種類があります。ラウンドタイプはまさしく「丸型」で、バスト全体を平均的に大きさをアップ出来ます。 アナトミカルタイプは「変形丸型」というような形状です。アシンメトリータイプは近頃になって登場したもので、左右の胸の形の相違までよく考えた形状になっています。女性の胸は、とても複雑な形をしています。 脂肪注入法は、あなた自身の体から吸引した脂肪を厳選したうえで、それを今度はバストに注射器で注入していくのです。総合的に判断すると、脂肪注入法のほうが優れていると言われています。

スポンサードリンク

バストアップのバストアップ2つの方法のリンクについて

バストアップのバストアップ2つの方法のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。